パニック障害 発作

パニック障害での発作の症状について

そもそも、パニック障害の症状自体は心身両面において共に表れたりするカタチが特徴的であり、

 

 

 

発作その他による外見的な症状とともに、それで死んだりしないかという強い恐怖心や不安感などを抱いたりする心理面においての深刻さの表れといえるカタチである精神疾患ですので、症状に罹る本人自身が認識が無くなるといった点で問題ある一疾患といえます。

 

 

 

そして、うつ病の場合と同じく、その本人の体内にある神経系に必要な成分であるセロトニンの不足がこの疾患の一番の原因と言われており、体内時計が狂ったりしている方の場合にはこの成分が不足がちであるとの事です。

 

 

 

このため、セロトニンの不足により自律神経系統に異常が起きて制御が効かなくなり、感情コントロールとかも上手くはいかなくなり、発作などの症状が起こり易くなるそうです。

 

 

 

これが一般的な、発作が起きる基本的な原因と言われていますが、これはあくまで生理学上あるいは精神物質医学上での学説的な視点から見た研究結果ですので、確実性があるかどうかについては、はっきりとはわからないのが現状です。

 

 

 

たとえそうだとしても、実際にこのパニック障害での発作の症状といったものは多くの罹患者本人の症状の1つとして起きたりしているものですので、そうした実際での現状の様子から考えてみたりすると、この見解の正当性はある程度あるものとも考えられる余地はあるかもしれません。

 

 

 

ただし、この発作自体の症状の度合いが大きくなるとやはり、その罹患者本人や本人を取り巻く周囲の方にまで何らかの影響が出てきたりしますので、そうした点を考えたりしてみると、決して無視出来ないような症状であり、何らかの治療方法が必要になってくるものと思われます。

 

 

 

その結果、長年に亘る研究で、抗うつ薬や漢方薬などを用いた、即効性などではなく徐々にある一定期間を置いて少しずつ治療をしていく段階的薬剤療法や、

 

 

 

整体師の先生による内臓や神経系統その他、体の各部分でのマッサージなどを一定期間行うようなカタチでの安全な整体療法などがとくに現在大きな注目を集めており、今後の将来が期待をされたりしているようです。

 

 

また、パニック障害は再発しやすい病気としても有名です。詳しくはパニック障害 克服も参考にしてみて下さい。

パニック障害に悩んでいる人は、満員電車や長い時間駅に止まらない電車には怖くて乗れないことが多いと言いますよね。

 

 

 

今回は、電車が怖い人にその恐怖を克服するヒントをお伝えしたいと思います。

 

 

 

まず、パニック障害の人で一番困るのは「広場恐怖」です。これは、人が多い場所や、自分が発作を起こしたことがある場所必要以上に以上に恐怖心を覚えることです。

 

 

 

あなたも、以前発作の起きた場所で「また同じようになったらどうしよう」と怖くなったことはありませんか?

 

 

 

その中でも電車は「走り出したら逃げられない」ということから恐怖心をあおる場所でもあります。

 

 

 

特に、一回でも電車で発作を起こしたことがある人は、電車に乗ると思うだけで心臓が苦しくなることでしょう。

 

 

 

また、倒れてしまったら知らない人に迷惑がかかるのではないかということが、更に恐怖を誘います。

 

 

 

そのような状態なら、認知行動療法がおすすめです。これは自分の行動や気持ちをコントロールして発作への恐怖心を無くしていくというものです。

 

 

 

電車への恐怖心が強いなら、まずは普通電車に乗って自宅から1駅先まで行ってみましょう。

 

 

 

1日目はそれで充分。1駅先からは、可能ならウォーキングで家まで帰りましょう。

 

 

 

歩くことでセロトニンが脳に分泌されパニック障害は治りやすくなります。

 

 

 

これを何度か繰り返し、「隣の駅までなら大丈夫」ということを自分に刷り込みます。

 

 

 

そして、もう発作への恐怖心が無くなったら、次は2駅先まで距離を伸ばしていきます。

 

 

 

このように、自分のできることをほんの少しずつ増やしていくことが改善には重要です。

 

 

 

電車は、途中下車ができないことがますます恐怖を増大させます。

 

 

 

そのためパニック障害にかかっている人にとって電車はハードルが高い部分であります。

 

 

 

しかしパニック障害は必ず治ります。自分の治癒能力を信じ、小さいことから始めてみましょう。

 

 

 

きっといつか、元気に外で活動ができる日が来ることでしょう。

 

 

 

毎日の少しづつの努力が、1年後の自分を作ります。

続きを読む≫ 2016/08/24 17:02:24

一口に、幾らパニック障害専門の病院施設といってもそれには様々な、得意あるいは専門の分野を中心とした医療機関が存在しています。

 

 

 

元来、パニック障害という精神疾患そのものが、心身両面においての何らかのカタチによる症状の表出を伴う特徴があるものであり、

 

 

 

体内に必要な神経系成分の1つであるセロトニンが何らかの事情により不足をし、これにより起きる障害の一種といえますので、

 

 

 

治療薬剤類を使用する薬剤治療法、それらの薬剤類を使用しないでマッサージなどによる整体療法、その本人が専門家の方からの指導を受けながら何らかの動作を自らしながら治していく指導療法、

 

 

 

以上が、今のところ多くの場で行われている一般的なパニック障害の治療法の中心となっているものです。

 

 

 

まずは薬剤治療法を行っている病院施設についてですが、これには一般的な精神内科を専門的に診療科目として扱う医療機関が代表的な例といえます。

 

 

 

そして、SSRIをはじめとする抗うつ剤、抗不安剤、抗精神薬、漢方薬その他、様々な治療薬剤を使用した治療を中心として行っているのが現状です。

 

 

 

次は整体療法を行っている病院施設についてですが、ここではなるだけ一切の治療薬剤類を使用せずに、

 

 

 

背骨や骨盤などの曲部部位での整体法、内蔵整体法、各部神経系整体法その他、

 

 

 

様々な部位においてマッサージなどをベースにした治療を一定期間行うような感じで進めていく医療機関である整体医院といえます。

 

 

 

そして3つ目は指導療法についてですが、こちらは病院施設や医療機関というよりも、特定の武術道場や気功道場とかがやっている医療サービスといえます。

 

 

 

先程の整体法施設などで専門医がマッサージをやる訳ではなく、あくまでパニック障害に罹っている本人自身に専門家の方が指導をしながら体を何らかの正確な方法での動きをさせていく事により、本人自ら治していくというやり方が独特であるといえます。

 

 

 

現在のところ、メビウス気流法などの道場が有名なようですが、一切治療薬剤類を使用しない点は整体療法と同じですので、この点ではとても安心できるかもしれません。

続きを読む≫ 2016/08/24 16:59:24

パニック障害を繰り返し起こしていると、常に「またパニック障害を起こすのでは?」という不安を感じるようになり、ますます起こしやすい状態になってしまいます。

 

 

 

この悪循環は、パニック障害に対する恐怖や不安を減らすことで改善できます。

 

 

 

そのためには、「パニック障害を起こしても大丈夫」と思えるよう、正しい対処方法を学ぶ必要があります。

 

 

 

パニック障害が起きた時にすぐできるのは、姿勢を変えることです。

 

 

 

まずどこかに座って、それから前かがみになります。軽くではなく、頭を膝の間に入れるつもりで、かなり思い切って曲げてください。

 

 

 

もし横になれるスペースがあるなら、腹ばいになりましょう。

 

 

 

こうしていれば、乱れていた呼吸や自律神経が徐々に落ちついてきます。

 

 

 

精神的な面では、周囲の人に話しかけたり、声をかけてもらうのも有効です。

 

 

 

運悪く家族や友人など親しい人が近くにいないなら、電話でもかまいません。

 

 

 

自分自身に「大丈夫」と言っても信じるのは難しいですが、信頼できる人に言ってもらえればだいぶ気が休まるはずです。

 

 

 

また、パニック障害は身体が熱くなった時に起こりやすいと言われています。

 

 

 

もし暑い時期や人の熱気にあふれた場所でパニック障害を起こしやすいなら、特にそうした傾向が強いタイプだと思われます。

 

 

 

この場合、冷たい物を飲んだり、涼しい場所に移動することで発作が軽くなることが期待できます。

 

 

 

その他、気持ちを和らげるような良い香りや、心を穏やかにするツボを押すといった手段も考えられます。

 

 

 

自分に合ったツボを探して覚えておいたり、お気に入りの香水を持ち歩くようにすれば、いざという時の安心感が得られ、予防としても役立ちます。

 

 

 

たとえあなた自身がパニック障害を起こすことが無くても、こうした対処のための知識は無意味ではありません。

 

 

 

もし周囲の人がパニック障害を起こしたら、ここで説明したことを思い出してください。

 

 

 

苦しんでいる人にとっては、どんな小さなことも大きな助けとなるのです。

続きを読む≫ 2016/08/24 16:55:24

基本的にパニック障害というものは、突然なんらかの原因で起きるめまいや激しい動悸、発汗、頭痛その他、

 

 

 

様々な外見的な症状と同時に、それにより死んだりするのではないかといったような、過剰な恐怖心による心理的な面での症状が起きる精神疾患の一種です。

 

 

 

このような症状の特徴といったものがありますので、それに対しての対応を要はしていけばよいのですが、それが実際にイザという時に行う事自体は、決して簡単ではありません。

 

 

 

治療薬類による対応方法などもありますが、抗不安剤などは即効性に優れたりしている反面、

 

 

 

その分大きな副作用を伴う危険性をはらんでいるような治療薬の一種でもありますので、過剰摂取などをしたりするとそれをどんどん摂取し続け依存をし、しまいには抗不安剤自体が効かなくなり、

 

 

 

薬による中毒状態になり症状の悪化や、新たなその他の症状の発生へとつながり、命の危うさなどをも伴うような事態となる危険性があります。

 

 

 

こうした事などもあり、このような即効性のある抗不安剤以外のものを使用したり、あるいは一切の治療薬類の使用をせずに、

 

 

 

そのままの普段の状態でマッサージなどによる曲部や背骨、内蔵部分においての整体法による治療方法や、専門家の方による指導で何らかの動きを自ら行い、それによりパニック障害そのものの治療や完治を目指していくという指導療法などといったものが存在をしたりしています。

 

 

 

以上のように、抗不安剤以外の手段による治療法が存在をしたりしてはいますが、それでも完治あるいは治療が可能なものとそうではないものとがあることは間違いがありません。

 

 

 

このため、そのパニック障害の症状のカタチやあり方に合わせた、効果的な治療方法を探したりしていく心掛けや調査、情報収集とかが、どうしても必要になったりしてきます。

 

 

 

しかしながら、症状自体も人それぞれであり、その罹患者本人の体質などにもよる場合とかがありますので、それ自体を効率よく考察していくような、方法や手段を見つけたりしていく術が、大変重要であるといえます。

 

 

 

やはり、ある程度の経験や努力なども必要かもしれません。

続きを読む≫ 2016/08/24 16:51:24